いつも心にALAN☆RICKMAN(セブルス・スネイプ教授)なぶろぐ

アラン・リックマンさんはみんなのプリンス!映画の感想とかなんちゃらかんちゃらちゃらちゃら~

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『ダイ・ハード(1988)』 



早速アラン・リックマンさん出演作品のレビューをば!!

最初はやはり
『ダイ・ハード(1988)』ですよねえ~。

刑事アクションでは有名なシリーズですが、その最初の作品の悪役がなんと、
我らがアラン・リックマン!!(わっしょいわっしょい~)


彼はハンス・グルーバーという、強盗グループのリーダーを演じています。

うん、どんだけ悪役イケメンなんですかっ。

映画が始まり、ドキドキしながらアランが出てくるのを待つ私。
トラックの扉が開くとそこから出てくる悪い奴らの中に・・・





Hans Gruber



きゃああああああ
いけめんがあああああああ

思わず一人で
「うっひょーーーーーーー!!!!」とか叫んでしまった。

いや、何度でも言うがどんだけ悪役イケメンなんだい(笑)
物語が進むにつれ、余計にそう感じ始めます。
だって主役の刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)さあ・・・
タンクトップなんだもの・・・。

まあそれが彼の代名詞的な感じなのは分かります。
しかし、タンクトップがどんどんボロボロで汚くなっていくにつれ、私は強く思うわけです。

それ、もう脱いでいいんじゃないかい?って・・・。

そのお陰で余計に、終始スーツでバリッと決めてるハンスがかっこ良く見えて、
主役が脇役を引き立たせてくれているという・・・なんとまあ・・・有難う。(違うか)



話の内容は、ビルを占拠したハンス(アラン)率いる強盗軍団が、
タンクトップ野郎とたまたま居合わせたニューヨーク市警の刑事ジョン(ブルース)と、
死闘を繰り広げるというお話です。
ブルースウィリスも中々かっこいいですよ・・・。え、ええ・・・。

展開がさすがアメリカという感じで、ドキドキハラハラさせてくれます。
また、孤独に闘う主役と外部との無線を使ったやりとりも、上手いですねえ。
この作品内では「無線」が結構重要なアイテムとなっています。

何か途中で「え、そこはこうすればいいのに・・・」とか思ったりもしましたが、
まあ主役の体当たりな感じが応援したくなって、面白いなあと感じました。

でもやっぱりなんとなく主役の影が薄いような・・・贔屓目で見てしまっているからでしょうかね?

アランが言う「思わず応援したくなる悪役」とはまさに、ですね。
むしろ、勝ってくれ!!とまで思っちゃったよ。
きっとビルから落下していく瞬間は誰もが「ああっ!!」となったことでしょう(笑)


そうそう、ハンスが人質を装う演技とかも、きゅんきゅんモノでしたわい。
なんだろうあの、ニヤッて笑ったときの吸い込まれる感じ。
あとタバコを吸うシーンとかかっこいいなあ・・・。

にしてもこの頃はほんっとスタイル抜群ですよねー。



とはいえ、私は実は昔より今よりのアランが好きなんです、ぐへっ(笑)

特に古さも気にならず、楽しく鑑賞できました~。











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しております!
スポンサーサイト

category: 映画の感想

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ririkkuman.blog.fc2.com/tb.php/5-294281b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問誠に有難うございます!

プロフィール

当ブログに関する色々なこと

カレンダー(月別)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

No Alan,No life!

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。