いつも心にALAN☆RICKMAN(セブルス・スネイプ教授)なぶろぐ

アラン・リックマンさんはみんなのプリンス!映画の感想とかなんちゃらかんちゃらちゃらちゃら~

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『ハリー・ポッターと賢者の石(2001)』 



ついにやってきました~ハリポタ!!

ここから全てが始まったと言っても過言ではありませんねえ。
アランが広く知られるようになったのも、この作品の力による部分は大きいですよね。
私自身もハリポタでアランに出逢いましたし、本当に最高のシリーズ作品だと思います。
今回は記念すべきその第一作目の感想になりますが、今年公開された最終章の後に改めて見直してみると、本当に感慨深い想いがありますね。原作者であるJ.K.ローリングさんが隠していた伏線が至るところに散りばめられていて、そんなに深い意味があったのか・・・と感動。

ええっと最初に申し上げておきますが、とてつもなく文章が長いです(笑)
ゆっくり半分ずつくらいでお読みいただけると幸いです。あ、別に一気でもなんでもいいです。


さてさて、例によって一応あらすじをば。
あまりに有名な作品ですので簡単に行きますですます~。

幼い頃に両親を亡くし、母親の妹夫婦であるダーズリー家に預けられていたハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)。しかしその生活というのは酷いもので、おじ、おばのみならず従兄であるダドリーにも虐められながら物置部屋で孤独に育ちます。そんなある日、ホグワーツ魔法学校から入学許可証が届きます。
ダーズリー夫妻はそれを阻止すべく家から逃げ出したりもしますが、その先でハグリッドという大男が現れます。そこで聞かされた事実にハリーは驚きます。実は両親は事故死ではなく、ヴォルデモートという魔法界最凶の闇の帝王によって殺害されたのでした。そして、ホグワーツに入学することとなったハリー。魔法界では「生き残った男の子」としてかなりの有名人だったため、最初は戸惑いますが、学校でできた友達ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)やハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)などと共に、選ばれし者として勇敢に、過酷過ぎる運命と闘って行きます・・・!!

そんな感じですかねえ。
因みに主役の3人の当時の写真を載せます↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone
(左からロン(ルパート)、ハリー(ダニエル)、ハーマイオニー(エマ))

本当に子供って感じですよね~!いやあ・・・可愛い。ほんと可愛い。
ハリーなんてもうどんだけってくらい白くて可愛いらしい顔してますよね~。

そして、この第一作目を観直してみた素直な感想。
うん、すごく平和だ!!!!(笑)

シリーズが進むにつれて、どんどんと話は深く、悲しくなっていった訳なのですが、賢者の石なんてもう、なんていうんでしょうね・・・とにかく平和だなあ!!って(笑)
ハリーがダイアゴン横丁に学用品を買いに行くシーンなんてワクワク感半端無さ過ぎる。
当時リアルタイムで観ていて本気で羨ましかったですもんねー。
いやあ・・・最終章からいきなりここに戻ると平和過ぎて泣きそうになりますわ!!


それでは、本題であるアラン扮するセブルス・スネイプ先生の出演シーンを振り返って行きたいと思います。



>ハリーが入学し、講堂で初めてスネイプ先生と出会うシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

じーっと見ます。

スネイプ先生がハリーに気づきとにかく見ます(笑)
ハリーを見つつの視線の外し方が異様にセクスィーなんですよね!!!
スネイプ先生がアップになった瞬間の自分のテンションの上がり方は自分で引くくらいですよ。 (ぐふ)

こう・・・ハリーに視線を残しつつ先に顔を動かしその後視線を外すあの感じね。やるなアラン!!
の、横で後ろを向いて動いているクィレル先生は一体何をしているのか・・・すごく気になりましたうん。
見つめられて「アォッ・・・」っと頭を押さえたハリーはきっとスネイプ先生の魅力にやられたに違いありません。
(ちっと気持ち悪い方向になってきてるわその考え方やめなさい私)

その直後にお食事シーンがある訳でございますが・・・
お口をもぐもぐさせながらクィレル先生と話をしているスネイプ先生・・・かっかか可愛い!!!
ただご飯食べるだけで萌える・・・ひょぉおおおお~!!
スネイプ先生が何かを食べるシーンって貴重な気がします。
先生も人間なんだなって思いました(笑)

いやあ・・・。
ここでふと思い出してしまったんです。
この前に校長やらとあんなやりとりがあんな出来事があったんだなって・・・なんかもう泣きそうですもんね(笑)
嗚呼スネイプ先生・・・。

はい、その後グリフィンドール寮にハリー達新入生は行く訳ですが、
扉の門番?である太ったレディ、なんか見たことあると思ったら『いつか晴れた日に(1995)』ですんごいお喋り好きのジェニングス夫人を演じた方ではありませんかかか! (多分)
イギリスの演者さんばかりが出演している訳ですからね。何かしらカブリますよね(笑)
でもなんか嬉しかったです~。



>スネイプ先生初授業シーン

ここでスネイプ先生は勢いよく教室に突入してくる訳なんですが、ここで有名なエピソードを一つ。
アランはこのとき(?)勢い良く扉を開けすぎたためドアが跳ね返り、仰向けに倒れたのだとか(笑)
そして倒れているアランを覗き込む子供達・・・。
いやしかしなんて可愛いエピソードというかNGなんだ・・・是非特典に入れて欲しかった!!
ほんと製作者さんどうにかなりませんか?!なりませんかそうですか!!

もう一つ有名なエピソードがあります。
アランが「Mr.Potter. Our new celebrity.」とハリーに向かってセクシーに言うシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

これが面白くて仕方がなかったようで、アランが自分で笑い出してしまい撮影にナント2時間も要したそうです。
そんな風には見えませんがあの名優が吹出してしまうとはよほどツボに入ってしまったんでしょうね。

いやあ・・・マジ特典映像に入れてくれよそこ!!!!(笑)
先生の印象が変わってしまいますからそこら辺を意識したのでしょうか・・・。
このときはまだ余りスネイプ先生にスポットが当てられていませんから、うーん・・・。
特典に入れてくれなかった腹いせに増えるワカメでも大量に送りつけてやりましょうかねえ。 (!?)

ええと、突然ですが先生の台詞を書き起こしてみました。
是非皆さん英語の勉強と言う名目の元にご自分でモノマネして萌えてみてください。
私も杖を振り回しながら言ってみます。


<スネイプ先生名言集PART1>

・「...I can teach you how to bewitch the mind...and ensnare the senses.」
→人の心を操り感覚を惑わせる技を・・・伝授してやろう。

伝授してください是非私を惑わせてくだ
にしてもこの授業シーンは台詞といい動きといいセクシー過ぎますね。
手をこう・・・くねくねさせて腕を組む先生・・・おっほっほ!!!!!
そしてこの後スネイプ先生が言う台詞の“th”の発音はエロエロエッサイムです!! (?)

・「Mr.Potter. Our new celebrity.」
→我が校に名を加えた有名人。

・「Pity. Clearly,fame isn't everything...is it,Mr.Potter?」
→情けない。名前ばかり有名でも何の役にも立たん。そう思わんかね?ポッター殿。

このシーンで必死に手を伸ばすハーマイオニーちゃんの心の声を代弁しますと、
「先生!セクシーすぎて卒倒しそうです!☆」 (・・・あ、違ったこれ確実に私の心の声だわ。)

因みに、特典映像にはこの授業の続きである、ハリー君に迫る先生を見ることができます。
迫るってなんか妙な誤解を受けそうですがそこはあえて気にしません。 (え)
もう自分が若干怖いです。



>女子トイレにトロールが現れて駆けつけるスネイプ先生シーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone
(↑左からスネイプ(アラン)、マクゴナガル(マギー・スミス)、クィレル(イアン・ハート))

Harry Potter And The Sorcerer's Stone

この直前の髪振り乱しシーンもなかなか萌えますねえ。ぐほっ。
ハーマイオニーが「私のせいです」と言った後の先生の表情はやはり・・・セクシーセクシー!!!!
首の傾げ方といい目をちょっと細める感じといい・・・こ・れ・は・YA・BA・I。

極めつけはその後の生足お披露目会ですよ。
ハリーに生足を見られて恥ずかしがる睨みつける先生。セクスィイイイイー!(笑)
なんか一人で噛み付かれて痛がってる先生を想像するとニヤニヤします。
最後クィレル先生を睨みつけて去っていきますが一瞬で良いからクィレル先生になりたいと思いました。
でも頭にあの方を飼うのは嫌です。



>講堂でハリーに話し掛けるシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

“トロールと戦った後ならクィディッチも軽くいけんじゃね?”とポッターに嫌味を言う先生。 (そんなにノリ軽くないだろ)
それを言った後目だけ動かしてチラッチラッとチラリズム光線を飛ばす先生。
かわいいですねえ・・・。
そして、そしてそして最も言いたいのは!!!!
去って行く先生の結構長いはずのローブが何故か捲くられて足を引き摺るのが丸見え子さんになっている!!!!

こ、れ、は先生・・・!先生っ・・・!!
足が痛いの心配して欲しいんでしょ!そうなんでしょっ!!!!(爆)
かわいい。あまりのわざとらしさに「ちょっ・・・」とか言いながら一人で吹き出してしまいましたよ。
気持ち悪いですよ、ええ分かってますよそんなことは!!
あーどこまでも心配して差し上げますよー先生ぇHAHAHA・・・。 (そしてすかさずアバダをくらいそうになる自分)


<スネイプ先生名言集PART2>

・「Good luck today,Potter. You've proven yourself against a troll.
A game of Quidditch should be easy work. Even if it is against Slytherin.」
→検討を祈る、ポッター。トロールの後のクィディッチは軽くこなせるはずだ。対スリザリンでもな。



>クィディッチ試合での乱れセクシーシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

マフラーとコートを着てちょこんと座るお姿。やばい。可愛い。とにかく可愛い。
この作品以降は雪が降ってたって何も防寒的なものは羽織ってない・・・気がしますが私の勘違いでしょうか?
何にせよ貴重ショットですね~。
そして必死に瞬きもせず反対呪文でハリーを助けている先生・・・なのに大事なコートに火を付けられる先生。
可哀相にも程があるけどもっ・・・!!(笑)
にしてもコートも丈長っ!!良く見たらズボンの裾にもボタンがあるんですね~。
何回も巻き戻ししてそんな小さな発見をしては萌えています変態の私です。
この時の先生は・・・というかアランは、肌も真っ白でなんか美しいですねえ。

しっかし選手のCG感凄いですね(笑)明らかに何人かCGっていう。当時ではこれが限界ですよね。



>クィレル先生に迫る(?)スネイプ先生のシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

ハリーが透明マントでそれをかなりの近距離で見ている訳なんですが・・・。
ハリーに迫り来る萌え袖(笑)
それよりクィレル先生、そこを是非私と変わってください。もれなくチロルチョコを差し上げます。
がばっ!!とクィレルに向き直る感じ・・・堪りませんなゴホッ!!!!
夜だからスネイプ先生も囁く様に迫るんですねえ・・・あはははははこれはちょっとおほほ。
ここのシーンはクィレル先生を自分に置き換えて見ると激しく萌えます。
その後顔をしかめ・・・驚いた表情で焦って去っていく先生も見ものです。
ほんと、あらぬ妄想を掻き立てられるシーンでございますな・・・。 (はい、気持ち悪いですね)


<スネイプ先生名言集PART3>

・「You don't want me as your enemy,Quirrell.」
→私を敵に回したいのかね?クィレル。
クィレルの発音がなんか最高です。

・「You know perfectly well what I mean.」
→白々しい!
どうでもいいんですが最初が全然聞き取れないんですわ・・・(笑)



>学校の廊下でハリー達3人を発見しテンションが上がるニヤッ☆なスネイプ先生のシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

映画を見返す際、3人の後方を良ーく見てください。
普通に歩いていたにも関わらずクルッ!!と華麗にターンをして「みんなみーっけ☆なになに我輩のお話?☆」と言わんばかりにハリー達を見つめまくる先生。
堪らず「Good afternoon☆」と3人の輪の中に突入してくる先生。
の後のハリーを見つめる目力!!!!(笑)
最終的に上手く輪に入れなかったことを悔やんでかハリーをじーっと見つめた後目線を逸らし長いローブを引き摺りながら去っていく先生・・・の哀愁漂う後姿。かわいそうに。 (なんか絶対違う気がする)


<スネイプ先生名言集PART4>

・「What would three young Gryffindors...be doing inside on a day like this?」
→外はあんなに天気がいいのにここで何をしているのかね?
ライクディスの滑らかな発音の感じが素敵ですよ。

「You ought to be careful.People will think you're...up to something.」
→怪しまれますぞ。君達が何かを・・・たくらんでいると。



>一生懸命拍手をする先生のシーン↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone

最後、寮の得点発表のときですね。この制度はいつの間にやら消え去りましたけども(笑)
スリザリンが一位と言われ先生が一生懸命パチパチしているのです。真剣な表情で。
しかしこれは残念ながらドS校長により阻止されます(笑)
上げて落とすパターンのやつですね。

何かと上げては落とされるスネイプ先生のその瞬間↓
Harry Potter And The Sorcerer's Stone
スネイプ 「(・・・ぇ・・・?)」

静かに反応を示す先生可愛すぎます。
あと個人的に、個人に得点が与えられた時の、「Me?」って言ってるロンが可愛い(笑)



長々と語ってきました『ハリー・ポッターと賢者の石』
やはり熱くなってしまいどんっどん文章が伸びまして・・・はっはっはい。

にしても3人は本当に可愛らしいですね~!!
今やみんな成人ですからねえ。歳を取るのは早いです。
ネビル役のマシュー君もぽちゃっとしてて可愛いですなあ☆

私は当時吹き替えで観ていましたが、今は字幕・吹き替え両方派。
吹き替えに関しては賛否両論という感じですが、意外とスネイプ先生の吹き替えの声好きなんですよね!
けっこうイメージに近いといいますか。
DVDで突然吹き替えにしてみるとドキッとしたりします。逆もまた然りですが。
校長に至ってはどう聞いても波平おじいちゃ・・・でも、っぽいですよね!!
「~ジャー!!」が可愛くて仕方が無い(笑)
校長、うん・・・ああ・・・最終章まで見ちゃうとなんかもう・・・ええ・・・。

でもアラン自身もまさか自分が魔法使いの役を演じることになるなんて思ってもみなかったでしょうね。
だからこそ授業のシーンでツボにはまってしまったのでしょう(笑)
役に入り込むタイプのアランがそうなるなんて・・・でも、作品が進むにつれアランの魔法使いなお姿は当たり前になりましたよね。最早なんっの違和感も無い。さすがです。

なんかこう、普通のアラン出演作品を見ていても、「ああ、この間に“アバダ・ケダブラ!”なんつって杖振ってんだよね・・・長いローブを身に纏ってるんだよね・・・」なんて思ってしまいます。
昔の私は、ハリポタの世界があまりに自然だったため、イギリスってあんな感じなのか!?と訳のわからんことまで思っていました(笑)んな訳ないじゃん。


さて最後に、どうでもいいけど気になることをさり気無く書き記して終わりにします。

・この頃のフリットウィック先生(呪文学、合唱団の指揮)の歳の取り方は半端ではないと思う。
白髪に長い白髭・・・まさにおじいちゃん。容姿はまるでゴブリン。
調べたところによりますと、原作者のローリングさんは身長が低いこと以外は普通の人間をイメージしていたため『アズカバンの囚人(2004)』以降は茶色の髪、髭と普通の人間のイメージに変更されたそうです。最初、誰?!と思いました。

・フリットウィック先生の呪文学の授業で「ウィンガーディアム・レビオーサ」の発音についてすごい細かくハーちゃんが注意していますが、第二作目の決闘シーンでスネイプ先生の「エクスペリアームス」の発音はハリーとかと全然違う。そこはやはり強い魔法使いだからこそ許されるのだろうか・・・これについてはきっと第二作目の感想でもまた触れます(笑)

・トロールが現れた女子トイレの扉はさすがに薄すぎると思う。ぺらっぺらですやーん。

・ハリー“ニンバス2000”をプレゼントしたマクゴナガル先生。
ちょっとエコヒイキが過ぎるのではと今は思う(笑)



では、長々とお付き合いありがとうございましたぁああああ!!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しております!
スポンサーサイト

category: 映画の感想

TB: 0    CM: 4

コメント

懐かし~!

もはや懐かしい「賢者の石」!  
ハリー、ロン、ハーミーの三人もまあ、かわいらしかったこと!

そして、スネイプ教授も若かった~♡
「賢者の石」が我らがアランの原点ですもんね♡♡♡

私もせくすぃ~スネイプに会いにいかなくちゃ、  ほっほっほっ^^
ついでにズボンの裾のボタンも確認しよう!

URL | Chiarina #J11Q89FA

2011/12/21 16:47 * edit *

こんにちは
更新待ってました!

コメントレスもありがとうございました
以前拍手もした者で正解でございます
どこにコメントかけばいいのかよくわからず何度もすいません
また懲りずに書き込ませていただきました(笑

このころのハリポタってやっぱ予算の関係なのか技術なのか
作られた感がありますね
教授もねっとり感が強いし、カメラワークとかセットとか
作品が進むごとに完成度が高くなっていきますね〜

何より凄く気になっているのが、この頃と比べて死の秘宝2の教授、とっても髪が綺麗!
だって、パーマあててるようなかんじじゃないすか!
伸ばしたら癖が強く出たの?
いやいや、初めはわりと直毛っぽいからやはり・・・なんて
パーマをあてる教授。
ねっとりなんて言われないようレイヤーも入れて動きを出してみよう、と試みる教授。
そんなアホな想像してるんですけど・・・

URL | ノコ #-

2011/12/22 13:25 * edit *

Re: 懐かしいですよね♪

> Chiarinaさん

もう10年も前ですもんね!
ほんと、子役は成長が早いし容姿もかなり変わりますから、見比べるのも面白いです~。
この頃の主役3人の可愛さといったら・・・今や恋人も居て、立派な成人なんですもんね~早い!
ルパートくんの可愛さには相当やられました(笑)

原点です!きっと多くのアランファンの方々の原点ですね^^
観直してみるとまた新たな発見があると思います♪
是非久しぶりに再会してみてください~うぉっほっほ!

URL | かにゃぼう #-

2011/12/24 21:45 * edit *

Re: お待たせしました!

> ノコさん

待っていてくださりどうもありがとうございます!

やはりあのノコさんだったのですね♪違ったらどうしようかと思っていました(笑)
コメ欄が分かりにくい仕様なので、こちらこそ戸惑わせてしまい申し訳ありません;;
拍手欄でもこちらでもどこでも構いません♪コメいただけるだけでとても嬉しいです^^

まだこの頃は試行錯誤感がありますよね(笑)
こんなにヒットすると思わずに作られたようですし、予算もあまりなかったのでしょうね;
アランもまだ若干教授と言うキャラに慣れてない感じがありますし(しかしこのちょっと女性っぽいねっとり教授も大好きなんですが)、シリーズが進むにつれ出演者全員が役に入り込んでいるのが分かります。
最早原作を読んでも、映画の出演者の顔しか浮かびませんもん(笑)

私もそれ思いました~!! 教授パーマ当ててる・・・って。
どんどん髪が伸びていって初期と全然長さも格好も違いますよね。
ああ~そんなこと考えちゃって髪を遊ばせてみる教授とか萌えます~!!!!
でもきっとそうですよ、ふっふっふ^^お洒落に気を遣うなんて・・・教授・・・素敵!(笑)

URL | かにゃぼう #-

2011/12/24 22:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ririkkuman.blog.fc2.com/tb.php/29-f3e3c94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問誠に有難うございます!

プロフィール

当ブログに関する色々なこと

カレンダー(月別)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

No Alan,No life!

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。