いつも心にALAN☆RICKMAN(セブルス・スネイプ教授)なぶろぐ

アラン・リックマンさんはみんなのプリンス!映画の感想とかなんちゃらかんちゃらちゃらちゃら~

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『マイケル・コリンズ(1996)』 




さあて、今回は社会派映画の『マイケル・コリンズ(1996)』です。


我らがアランはこの中で、政治家エイモン・デ・ヴァレラという人物を演じています↓

E'amon de Valera

何より眼鏡が素敵だわ~。瞳が、キリッ!!って感じでやはりイケメンですねえ(笑)




ではでは、私なりに内容に触れたいと思います。

これは史実モノの映画な訳ですが、題名にもなっているマイケル・コリンズ(リーアム・ニーソン)という人物は、アイルランドの独立運動を指導したリーダー的存在です。

アイルランドは当時、イギリスの統治下にありました。
しかし、一つの国としてとして独立したいという思いは当然あったんですねえ。
そこで立ち上がったのが、マイケル達、独立運動家だったというわけです。
物語は、1916年、独立を目指してイギリス軍と郵便局で戦った、イースター蜂起から始まります。
そこにはマイケル・コリンズの他にも、アイルランドの政治家だったエイモン・デ・ヴァレラ(アラン!!)もいました。

その後まあ色々なことを経て独立戦争を起こし、イギリスと“英愛条約”を締結することで和解するのですが、
その“英愛条約”の内容というのが、
アイルランド北部をイギリスの支配下に置いたままにしておく、というものだったのです。

つまりイギリスは、
「分かった、独立は認めるけど、北はそのまま貰っておくからね。」
という条件をもとに、和解を持ちかけたんですね。

独立戦争で経済的にも疲弊しきっていたアイルランド。
まあ、致し方ない・・・というか、条約を呑まざるを得なかったわけなんです。

そこで当然、

1.もう仕方ないことだ。イギリスの要求を呑んで、北は手放すべき!! 

2.北だけイギリス領だなんて変な話じゃん!!アイルランド全体で独立することが重要なんだ!!

という意見が対立していきます。

そこから、今度はアイルランド国内で内乱が起こってしまうんですね・・・。

そのときの犠牲者の数は、独立戦争よりも多かったとされ、未だにアイルランドでは黒歴史としてあまり語りたがらない人も多いのだとか。




マイケル・コリンズの大親友であり初めから一緒に活動をしてきたハリー・ボランドと、
同じく戦略などを話し合い、共に戦ってきた同志のエイモン・デ・ヴァレラ。

当初はみんな同じ“アイルランド独立”を目指していたのに、独立戦争や英愛条約締結をきっかけに、彼らは次第に仲違いしていきます。

マイケルは英愛条約交渉においてアイルランド側の代表の一員だった。そして、条約は締結された。

しかしハリーとエイモンは、上記でいう2の姿勢だった。
そしてエイモンは、英愛条約反対派の中心人物に、ハリーはその一員になっていくのです。

そこからどうなったかは・・・ま、映画で存分に語られていますので(笑)
詳しいことは省いています・・・。自分の説明する能力の無さに驚き轟きですな、ふふ。



イギリスの正式名称が、
「グレートブリテン及び“北アイルランド”連合王国」
であることは、誰しもが知っていることと思います。

しかしその背景には、複雑な歴史と、多くの犠牲があったんですねえ~。
それが未だに“北アイルランド問題”として色濃く残っている訳ですから、何といいますか・・・。
歴史を知っておくことは、重要ですね。



では打って変わって今度は違う目線で映画の内容に触れていきます!!(笑)

イースター蜂起でイギリス軍に鎮圧され、並ばされているマイケル達。
そこで聞こえてくる声が・・・

「ウェーイト、マイケル、ウェイト(wait)」

すぐに「おほほほほ」となる私。
低音で、耳に浸透してくる声。
登場からどんだけセクシーヴォイスなんだ!!、と(笑) 勿論、即刻巻き戻ししましたよね。

なんかマイケル達がエイモン(アラン)のことを
「あいつは鼻がでかいから目立つ」
とか言っている場面もあって、思わず笑いました。


あとね・・・
まあ~マイケルと仲違いした後に、切ないシーンがあるんですけどね。

アランが「フォーギブミー、ハリー(私を許してくれ、ハリー)」と涙を浮かべて言うんです。

ハリーて。ハリーて。(あえて2回言いましたよ)
もうね、なんか・・・なんでしょうこの、こみあげてくる複雑な想い(笑)
沢山の悲しみが私を包みましたとさ・・・。(すいません)


エイモン・デ・ヴァレラのショットをもう一枚!!↓

E'amon de Valera

この写真、めっちゃかっこ良ぉお・・・アランが大人の色気漂いまくらせております・・・。
眼鏡がやっぱいいなあ。セクシーだなあ。こんな感じの先生が大学にいたら良かったのに。
でもいたら・・・研究室に通いつめて勉強どころじゃなくなりそう。
いや、というかアランじゃないと嫌だ!!!アランがいい!!!!
もしアランが大学教授だったら・・・・・・・・ぐふふふふふふ。
脳内はいつもアランアランアランアラ・・・
妄想が暴走。 (←危)



映画は180分くらいあったのかな?
両面だったので途中でDVD裏返しましたもんね。
でもそんなに長いとは感じなかったなあ。
DVDには本編に加え、ドキュメンタリー(メイキングの映像など)のようなものが入っていました。

エイモン・デ・ヴァレラの演説シーンがアランの最初の撮影だったそうですが、
スタッフが前日電話で「アラン、明日の撮影のエキストラは全員有料です」と伝えたところ、
電話の向こうがしばらく沈黙になった、って言っていましたね(笑)
ただでさえ低予算なのに、エキストラの数凄かったですからねえ。

かなりのプレッシャーだったろうなあ。



事実とは異なる点もあるでしょうが、かなり考えさせられる映画でした。

少々難しい内容ではありますが、一度は見ておきたい、
いや、見て知っておくべき映画、と言えるのではないでしょうか?

そういえばヒロイン役はあのジュリア・ロバーツです。綺麗な人ですよねほんと。






はい、じゃあ最後に、可愛いエイモン・デ・ヴァレラなアランを放出しておきます!!↓


E'amon de Valera


そっ、そのピョン☆って感じの上にハネた髪、完全に反則なんですけど!!
可愛すぎて鼻血モノなんですけど!!!!!!!(笑)
その微笑みと髪の綺麗な色・・・やばいですね。最高です。目の保養です。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しております!


スポンサーサイト

category: 映画の感想

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ririkkuman.blog.fc2.com/tb.php/14-9176fe86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問誠に有難うございます!

プロフィール

当ブログに関する色々なこと

カレンダー(月別)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

No Alan,No life!

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。