いつも心にALAN☆RICKMAN(セブルス・スネイプ教授)なぶろぐ

アラン・リックマンさんはみんなのプリンス!映画の感想とかなんちゃらかんちゃらちゃらちゃら~

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002)』(前) 


今回はアランの代表作、ハリーポッターシリーズの平和な平和な第二作目、
『ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002)』のレビューを綴りたいなあと思います。

またまた夏を前にしてすごい暑苦しい文章量になってしまったため、前回の反省も踏まえまして、今回は二つに分けて投稿してみます!
あ、レイアウト上、順番も逆にして投稿しておりますので宜しくお願いします。



では最初にすぱぱぱっとあらすじを。

“選ばれし者”として魔法界では有名人のホグワーツ魔法学校の生徒、ハリー・ポッター。そして彼を支え共に戦う同級生であり親友の、ロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャー。今回彼らは、2年生となって帰ってきます。

学校は夏休みを迎えハリーは身寄りのダーズリー家へ帰省し肩身の狭い生活を強いられていました。そこへ突然、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れます。早く学校へ戻りたいと願うハリーに対しその妖精は何故か「学校へは戻ってはいけない」と、理由は言わないままどうにかしてハリーが学校へ戻らないようにしていました。

そんな中ハリーはロンの助けもあり、なんとか家から脱出することに成功。様々な出会いや再会、謎のハプニングにも見舞われながらも学校へ戻ります。そして学校で迎えたハロウィンの日、ある事件が・・・・

その夜、管理人であるアーガス・フィルチの猫が石にされてしまうという恐ろしい事件が発生。壁には、「秘密の部屋は開かれた」という血文字。そして、被害はやがて生徒にまで・・・。そんな時ハリーは、その現場に偶然にも居合わせてしまいさらにロックハートの決闘の授業で蛇語が話せることが発覚してしまったため、秘密の部屋と関連性のあると言われていた“スリザリンの継承者”ではないかとの噂が流れ始めてしまいます。
真相を調べるべく動き出す3人。ハリーが偶然手に入れたトム・リドルの日記に隠された秘密。
そしてハリーは再び、“例のあの人”と対峙することとなるのです・・・。


ああ~ドキドキしますねえ。
このワクワクした感じは、さすがハリー・ポッターといった感じで(笑)
冒頭のヘドウィグも元気そうで何よりですし、初登場のドビーちゃんも暴れまくっておりますし!

3人も二作目ということで少しずつ成長しております↓
Harry Potter, Ron Weasley,Hermione Granger
(↑左からロン(ルパート)、ハリー(ダニエル)、ハーマイオニー(エマ))

キミ達か~ぅわうぃ~ね!!!☆


冒頭の方でロンの家族であるウィーズリー家が初登場?するんですが、あのほのぼの感と暖かい雰囲気は見ていてホッとしますね~。

よく見ると食器洗いや編み物まで魔法でやっちゃってましたが・・・
そもそも魔法界で家事ってやることあるんだろうか?(笑)

学校でもご飯といえば全自動机から勝手に料理出てきちゃうよシステム・・・
あれどうなってるんだ?この世界は材料調達しなくてもいいの?それとも学校限定の魔法なのかなあ?

料理まで魔法となるともう何も自分ですることなんてないですよね!な、なんということだ・・・
その魔法能力・・・クダサイ!!!! (その能力あったらブタになります)

ウィーズリー家に話を戻し、パパに関してちょっと掘り下げますと、パパさんはお仕事でマグル(魔法界でない普通の世界の人間)の研究をしているわけなんですが、この魔法界ではマグル出身者に対する差別があるんですね~。
そしてこのパパさんは「マグル好き」で有名なのですが・・・無意識とはいえど、マグル出身者を卑下している節がこの後のシリーズでも、ハーマイオニーに対しても?少し出てくるのです。
ハリポタは作者さんがかなりの社会的なメッセージ性を込めていたことで有名ですが、差別、という一つの社会問題に対し、個人が認識しない限り根底から差別を無くすことはできない、ということを伝えようとしていたのでしょうか。 
(いつになく真面目である)

にしても、ハリーがフルーパウダーで辿り着いた横丁のあの手の置物がガッ!!ってなるやつ未だにトラウマなんですが・・・。あと、口からナメクジのやつと大量の巨大蜘蛛も、全身が鳥の肌化します。 (爆)

そして是非言いたいのはこの作品においてある意味での重要人物にして最大の捨身男、闇の魔術に対する防衛術のロックハート先生のナイスキャラぶり!眩しい!眩しすぎるよ!!!
この先生が見せる違った意味での勇気に賛辞を送りたいです。
彼については、その輝き具合を、下でまたけっこう触れそうな気がします。

で、そのロックハート先生とハリーが初めて出会うのが、学用品を買うために向かった本屋さんでのシーン。
ここの本屋さんのシーンでも、マルフォイの父、ルシウスさんが登場する辺りに伏線が用意されているのですねえ!!ぬかりないわぁあああ~!!


・・・そういえばここでルシウスさんはヴォル様の名を軽く口にしたハリーに対し小言を言うんですが・・・
全盛期のころは名前を口にするだけで殺されるというなんとも恐ろしい存在だったヴォルデさん。
しかし後半はハリーどころかみーんなにフッツーに名前を呼ばれるような存在に成り下がっちゃってまあ・・・。

そんなヴォルデモートさん↓
Lord Voldemort
「お、俺様の名前はそんな簡単に口にしたらいけないんだぞ!
俺様前はもっと強くてかっこよかったんだぞ!
今はターバンにだって隠れられちゃうんだぞ!!」
 

ヴォル様がご立腹ですよハリーくん。闇の帝王ちゃんが拗ねちゃうからさ、名前呼ばないであげてよ。
・・・ププッ。 (お前が一番馬鹿にしとるだろ)



さてさて、
お待ちかねました、と。
お待ちかねちゃいました、っと。

満を持してスネイプ先生ご登場ですよー!!!!!! 
(ここまでのシーンはもはや私にとっては前フリも同然なのである。)
(しかし前置きが長すぎるそして熱すぎる、それが私であり私の良さでもあr (だまらっしゃい)) 

では、スネイプ先生のご登場シーンを振り返りたいと思います。



>スネイプ先生いないいないばあご立腹初ご登場シーン

はい、新聞でお顔が見えません。
先生お得意の焦らしてくるパターンですね。

と、思った矢先にババーン!!↓
Severus Snape

す ご く お こ っ て い る !!!!!
す ご く ぷ ん す か し て い る !!!!!!!

外はねの髪型の先生。
後年の作品に比べるとすごく血色の良い先生。瞼も黒くない先生。
ハリー達にいい感じにぷんすかさせられちゃっております。

そして部屋です↓
Severus Snape
「我輩、3時のおやつはマカロンとミルクティーと決まっておるのだ!!(ドヤ顔)」

中央をご覧下さい、山のような甘いお菓子、を。
これをスネイプ先生の部屋にあえて用意した製作者サイドに拍手を送りましょう。

その後現れた校長にまたもしてやられる先生。
ハリー達の肩を持たれたことに再びぷんすかし、ピーンと指差しをして「だ、だって!」と訴えるスネイプ先生。
それを軽やかにスルーする校長先生の凄まじい威力を放つドヤ顔。
最後に悔しそうにハリー達二人を睨みつけたスネイプ先生はとにかく可愛いです。
にしてもよく考えたら何たる贔屓だよ校長さん!!!!!!!

はい、ではここで前回に引き続きチョコット名言集を書き起こしていきたいと思います。
練習すればきっとあなたもセブルス・スネイプ!!☆キラーン


<スネイプ先生名言集PART1>

・「Silence.」
→黙らんか!!

・「I assure you that were you in Slytherin,and your fate rested with me...the both of you would be on the train home
tonight.」
→言っておく、もしお前達がスリザリンの生徒なら・・・今夜この場で家に送り返している!
トゥナイト!!を強調して先生になりきりましょう。



>ミセス・ノリスが犠牲になった現場に先生達とご登場そして追い詰めちゃうシーン↓
McGonagall,Sprout,Dumbledore,Snape
(↑左からマクゴナガル(マギー・スミス)、スプラウト(ミリアム・マーゴリーズ)、ダンブルドア(リチャード・ハリス)、スネイプ(アラン))
本作はリチャード・ハリスさんの遺作となりました。当時すごくショックを受けたのを覚えています。

何故か(´・ω・`)という表情の先生↓
Severus Snape

ハリーに詰め寄る際の手のくねくねした動きや、そして片眉上げはファンならばヨダレモノです。
私に、詰め寄っても、いいけど・・・? (何も良くない)


<スネイプ先生名言集PART2>

・「If I might,headmaster?」
→校長、私からも一言よろしいですか?
限りなくウィスパーな感じで言いましょう。

・「Perhaps Potter and his friends were simply in the wrong place at the wrong time.」
→3人は偶然居合わせただけかもしれない。
お口がポカーンと開いているダンブル校長に先生は囁く様に語りかけます。
特に最後の“wrong time.”のときのセクシーさ!フォァウ!!!!!!!



>クイディッチを応援しながら思わず顔も(私も)綻んじゃうシーン

画像用意してませんがこれは!これは勿論一時停止ですよね???
灰色のコートと黒のマフラーの先生がルシウスの隣でにやっとするのが!!
・・・・っいいわぁああああ!分かってるわぁああああ!!!!!!
先生の笑顔って貴重だ・・・。

因みに、ルシウスは学生時代スネイプの先輩だったんですよね。
在学中に唯一スネイプの才能を認めていたのがルシウスなわけで、スネイプも慕っていたわけで。
もし、学生時代、スネイプがジェームズ達から受けるあの現場に一度でも居合わせてくれていたら・・・。
全てが終わった後にそんなことを考えながら共演シーンを見ていくと感慨深いですねえホントに・・・。
うううううぅぅぅ。






はい、ではここいらで一旦話を中断致しまして、
残りは『ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002)』(後)に移させていただきますです。
後半の方が長いのですみません・・・ああ・・・すみません(笑;) ↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しております!
スポンサーサイト

category: 映画の感想

TB: 1    CM: 12

ご訪問誠に有難うございます!

プロフィール

当ブログに関する色々なこと

カレンダー(月別)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

No Alan,No life!

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。